新聞記者に専門知識は要らないと言われるが

img-1

新聞記者という仕事は、記者各々が持つ専門的な知識を駆使して次々と入って来る報道を分析してそれを紙面化すると思っている人は多いと思われますが、それは間違いです。

実際の新聞記者の仕事には専門知識を駆使することはありませんし、仮に専門知識があっても、それを韜晦してしまうのです。


何故にそのようなもったいないことをするのかと申しますと、新聞報道の偏向を防ぐためであるとの説明がされております。


つまり、専門知識がある記者がそれを良いことに記事作成方針を壟断することを防止するために、その行使を封じ込めるのです。
ですから、専門知識がある人はその知識を行使できる部署から外されますので、記者はそれを隠し通すことに汲々としなければならないのです。

同じく不偏不党でなければならない裁判所において、裁判官に専門知識があってもそれを駆使することが許されないのと似ております。

しかし、新聞社といい裁判所といい、このようなことをしては真実に迫ることなど出来るとは思えませんので、このような姿勢を取り続けることには到底納得ができません。
専門家が編集方針を壟断することを防ぐには、同じ分野の別の専門家によるチェック機能を働かせれば済むことですし、そのための専門家の数が足りなければ専門家を補充すれば良いだけなのです。

それに、特定の記者が専門知識を振りかざすことによって記事の中立性が保てなくなるというのもおかしな話で、真実の前には右も左もありません。

むしろ、専門性を弱めることによって恣意的な解釈の出来る自由度が高くなり、バランスを欠いた記事が大量生産される可能性が高まると見るべきでしょう。
結局、新聞記者に専門知識が要らないということは絶対にありませんし、新聞記者の専門知識が全く反映されていない記事を読んでも面白くありません。


読んで面白い記事とは、一般読者に分かりにくい専門的な内容を噛み砕いて分かりやすくしたような記事のことを言うのです。


そして、そのような記事が書けるのは専門家だけなのです。住宅は自然の災害から人間の生命を守り、健康で豊かな暮らしを築き、家族との団らんの中で、心の安らぎを得る場であるといわれています。
現代の暮らしでは、自宅で出産することはほとんどありませんが、かつては多くの生が家庭で生まれ、そして家庭の中で終末を迎えたものです。

日本は戦後、世界の長寿国と肩を並べるようになりました。その理由は医学の進歩であり、栄養事情の進歩であるといわれています。

医学の進歩により、病院での出産がより安全であるという認識が広まったことがとても影響していると言えます。


出産はとてもデリケートなもののため、衛生的なことやいざという時に適切な対応を看護師の方や助産婦さん、先生が複数名ですぐに対応してくれる医院の方が母子ともに安心してお願いできる点を考えるとやはり医院を利用した出産が妥当である判断されます。
長寿社会の進展と共に家庭の中でさまざまな問題が現れています。

家族構成の変容とともに、人生の終末期を自宅で過ごす人々の割合が急激に減少しています。

住宅も健康な人々ばかりのために計画されてきたことの問題が指摘されるようになってきました。たとえ寝たきりになっても自宅で暮らしたいという本音が、多くの高齢者から聞かれるようになっています。

また日本の長寿社会は、介護される人もする人もどちらも高齢者といった状況をたくさん生み出しています。
現代の住宅は、人生のあらゆる暮らしに対応することが求められています。

幼児期、青年期、壮年期、老年期というライフスタイルに対応した暮らしの空間を作る必要があるのです。

家族数が増加したり、あるいは減少しても、住み替えや住まいの変更が容易にできること、また身体や心の変化にも対応できることが、これからの住宅に求められている課題といえます。高齢になればなるほど、暮らしの環境の大きな変化は避けたいものです。


高齢者ばかりでなく、住まいの転居は近隣付き合い、家族関係など心理的な環境の変化をもたらしやすいです。

転居によるストレス発生は子供ばかりでなく、高齢者も同じなのです。子供世帯と同居するために、住み慣れた住宅から引っ越す場合でも、出来る限り使用していた家具が利用できたり、馴染みやすい部屋の構成を考えたり、住空間の変化が少なくなるような工夫が大切です。

そして心身の機能が低下しても、家庭内の生活空間にあまり変化をつけずに、安心した暮らしが継続できるように配慮することが必要です。

















関連リンク

img-2
新聞を読む習慣をつける

受験勉強で、就職活動で、仕事で・・・大人になるにつれて新聞を読む必要性は次第に高くなっていきます。しかし、いきなり新聞読むことを習慣にするのは中々難しいものです。...

more
img-2
新聞記者に専門知識は要らないと言われるが

新聞記者という仕事は、記者各々が持つ専門的な知識を駆使して次々と入って来る報道を分析してそれを紙面化すると思っている人は多いと思われますが、それは間違いです。実際の新聞記者の仕事には専門知識を駆使することはありませんし、仮に専門知識があっても、それを韜晦してしまうのです。...

more
top