農村暮らしの素晴らしさは数多くある

img-1

農村暮らしの素晴らしさは、数多くあり言葉で表すのが難しいくらいです。

農村の澄み切った空気を毎日吸うだけでも心が癒されます。



農村では湧き水が豊富なところも珍しくはありません。



毎日美味しい湧き水を飲むことは、都会で暮らしていてはなかなかできない贅沢であります。

農村での最高の楽しみは、畑で野菜を作ることです。
肥沃な土地と、豊な水に恵まれた農村に住めば、畑仕事もしやすく、美味しい野菜を収穫できます。
畑仕事の楽しみは、何物にも変えがたいものです。
畑仕事に没頭していると嫌なこともすっかり忘れてしまいます。そして、丹精こめて畑を作り上げれば、自然は大きなご褒美を与えてくれます。

苦労して畑を耕したりした分だけ、一人では食べきれないほどの野菜を収穫できるようになります。野菜が余って食べきれないときは、漬物にしたり、切り干し大根のように、野菜を干して保存すればよいのです。
または、都会暮らしをしている知人や友人に、自宅で収穫した野菜を宅急便で送ってあげれば非常に喜ばれます。


自宅近くに大きな田園がない都会暮らしをしている人にとっては、土の香りがする、農村で収穫した野菜はとても魅力的です。


さらに野菜だけでなく、温暖な地方の農村なら柑橘類などの果物も豊富に収穫できます。



寒い地方でも、その地方に合った果物を植えれば、美味しい果物を収穫できます。
このように、農村暮らしをすれば、美味しい空気や水、野菜や果物を毎日楽しむことが出来るのです。

農村に暮らしている人にとっては当たり前のことですが、都会に暮らしている人にとっては貴重な体験です。
海の好きな人なら誰でも憧れるのは、海の見える家で暮らしてみることです。


海の見える家暮らしの楽しみは、毎日美しい海を眺めることができ、場所によっては、太陽が海に沈むのを見ることもできます。

潮の香りを肌で感じ、さわやかな気分にもなります。


海の近くに暮らしているのですから、魚介類が豊富に手に入ります。

魚が好きな人にとっては、海の近くに住むことは最高の贅沢です。



釣りが好きな人にとっても同様で、自分で釣った魚を刺身にして食べることができれば大満足です。海の近くに住むことは、簡単なようでなかなか決断ができませんが、思い切って決断すれば、世界が変わります。
毎日果てしのなく広い海を眺めながらの暮らしですから、おおらかな気分になります。

家の窓から海を眺めて、ウミネコの鳴き声を聞き、潮風の香りを感じるだけでも、重苦しい気分から開放されます。



海は何時間も眺めていても飽きないもので、時間が早すぎずゆっくり流れているかのような気がするようになります。



都会暮らしに疲れたなら、のんびりとした海の近くの家の暮らしもいいものです。

浜辺で貝殻拾いを楽しんだり、ボートに乗ったりしても楽しいものです。

夏の時期には海水浴も楽しめます。自宅のすぐ前の海で海水浴ができること自体が非常に貴重な体験です。

さらに、海水浴だけでなく、潮干狩りも忘れてはいけません。
とれたての新鮮なアサリを自宅で料理して食べることができるのも、海の近くに住んでいるからできることです。



新鮮で美味しい魚介類を毎日食べていれば体も健康になります。



関連リンク

img-2
新聞を読む習慣をつける

受験勉強で、就職活動で、仕事で・・・大人になるにつれて新聞を読む必要性は次第に高くなっていきます。しかし、いきなり新聞読むことを習慣にするのは中々難しいものです。...

more
img-2
新聞記者に専門知識は要らないと言われるが

新聞記者という仕事は、記者各々が持つ専門的な知識を駆使して次々と入って来る報道を分析してそれを紙面化すると思っている人は多いと思われますが、それは間違いです。実際の新聞記者の仕事には専門知識を駆使することはありませんし、仮に専門知識があっても、それを韜晦してしまうのです。...

more
top