引越し業者の選び方のポイントは

img-1

引越しを決めると一番際に行う事は業者選びになります。

日本国内には、無数の業者が存在しており、その多くはインターネットの中で会社の紹介などを行っています。


インターネットを利用して引越しを行う業者を探す方法も有りますが、探した後は必ず見積もりを作ってもらう事になりますので、一括で見積もりを作れるウェブサイトを利用すると便利なのです。一括で見積もりを作れるウェブサイトには、複数の引越し業者が登録されているため、その業者の中から幾つかを選び、まとめて見積もり依頼をすることが可能になります。これを利用する事で、1社1社自ら探す手間が省ける事や、見積もりを1社毎に依頼する手間が省けます。


また、このようなウェブサイトから見積もりを依頼されることは業者側も解っていますので、当然他の業者に対しても見積もりの依頼をしている事が解ります。

そのため、引き合いになっている事からも優遇をしてくれる会社もあるわけです。
この場合の見積もりはあくまでも概算となりますので、ここでの選び方のポイントは、見積もりの内容や金額だけではなく、対応の速さなどを重視して業者を選択していきます。

また、メールでの見積もり送付と言う形になりますので、その文面などについても注意をしておくと良いでしょう。実際の見積もりは、自宅に業者の担当者が訪れて行いますので、見積もりの金額や見積もりの内容が事細かに明記されていたり、対応が良い会社を選ぶ事が選び方のポイントとなります。


引越しは現在の住まいの住所から、新居になる住所に転居すると言うことになります。

住所はそれぞれ住民票と言う形で、市役所や区役所で管理が行われています。そのため、引越しに伴い、住民票の転居という事も必要になるのです。
しかし、この転居と言うのは、現在の住まいからどこに行くのかにより2つの方法の何れかを行う必要が有ります。

また、区役所や市役所にはそれぞれ管轄と言うものがありますので、その管轄についても知識を持っておく必要が有ります。
例えば、神奈川県の横浜市から遠く離れた宮城県の仙台市に引越しをする場合は、神奈川県の横浜市の中にある区役所で転出届を行う必要が有ります。
尚、横浜市には幾つかの区が有りますので、現在の住まいが管轄になっている区役所で転居届を提出する必要が有ります。また、引越し先になる宮城県の仙台市の市役所もしくは区役所で転入届を提出して住民票を横浜市の区役所から移行させることになります。
このように、異なる管轄になる場所に行く場合は、転出届と転入届を提出して住民票を移行させる必要が有ります。同様に、印鑑登録についても区役所などでの手続きが必要になります。
一方、同じ市内や区内の場合は、住所変更を行う事で完了します。

尚、転出届は区役所や市役所によりまちまちですので、住んでいる住所が管轄になる役所に問合せをしておくと良いと言えます。


また、転入届は新しい住所に住み始めてから14日以内に行う事が義務付けられていますので、早目に行う事が大切なのです。

















関連リンク

img-2
新聞を読む習慣をつける

受験勉強で、就職活動で、仕事で・・・大人になるにつれて新聞を読む必要性は次第に高くなっていきます。しかし、いきなり新聞読むことを習慣にするのは中々難しいものです。...

more
img-2
新聞記者に専門知識は要らないと言われるが

新聞記者という仕事は、記者各々が持つ専門的な知識を駆使して次々と入って来る報道を分析してそれを紙面化すると思っている人は多いと思われますが、それは間違いです。実際の新聞記者の仕事には専門知識を駆使することはありませんし、仮に専門知識があっても、それを韜晦してしまうのです。...

more
top