経済の動向は新聞で確認する

img-1

経済の動向は暮らしに直接影響を与えます。経済の動向基準になるのは、人、物、金。

情報です。どのようにしたら豊かな暮らしや理想的な生活が実現できるのかを考えるときには情報収集が重要です。

情報を得る方法は、新聞、テレビ、インターネットです。


新聞やその他メディアのニュースなどの見出しは注目です。

例えば、「歴史的円高」や「過去最高」などという暮らしに影響を与えそうな記事には、世の中の変化や生活必需品の価格変動(値上げや値下がり)の予測が読み取れます。

石油ショック時のように市民がパニックに陥ることあります。

同じ記事をインターネットやテレビ、新聞などで比較をするのも情報に惑わされない方法です。


新聞広告やインターネット広告、テレビのコマーシャルは暮らしに最も密着して役に立つ消費生活情報です。
自分にとって関心の高い分野でキーワードを決めて追跡するのも確かな知識の蓄えになります。景気のシンプルな読みかたがあります。


自分の地域でどういったものに人気が集中しているのか調べます。
業績が良い会社はどういった業種なのか、情報通信などの内需型か自動車などの外需型かを調べます。
気候変動も景気に大きな影響を与えます。
猛暑では電力需要とアイスクリームの消費が上昇します。
厳寒になると電力需要と灯油価格が上昇します。

エネルギーなどの家計の光熱費の部分の上昇は景気を悪くします。


世の中のおおよその流れは毎日目にする新聞やテレビのニュースで把握できます。

毎日の生活が平穏無事に過ぎることを願っている人は、多いいのだろうと思います。
日々の暮らしがつつがなく過ぎていけば、それに越したことはありません。

世の中では何が起こるのか、予想もつきません。そのなかで日頃から、自分の生活を守ろうと考えていても、諸般の事情があって思うようにはいきません。

日頃の暮らしぶりを見ていると、その外的な影響をもろに被ってしまうことがあります。それは自分たちの暮らしぶりとは関わりのない、結婚式や出産祝いや法事であったり、病気見舞い等があって、思わぬ出費が度重なってくると、決められた家計の中でやりくりしている者にとっては、何とも切ない話になってきます。


そんな日常の暮らしの中で、生活を営んでいくためには、最低限度の経済的な支えがなければやってはいけません。

今この国は景気が好いとは、いえない状態になっています。

そのような中で日常の暮らしを支えていくためには、家族の団結が、最も大切な要素になると思うのです。
一人ひとりが、自分の家の経済的な状況をしっかりと把握することが大切になってきます。

そうすることで、少なくともいくらかの無駄な出費が、抑えられていくと思うのです。

自分の家の経済的な状態を知ることは、今のこの厳しい経済状況の世の中を乗り切っていく、最短距離の方法だと思うのです。


日々の生活を少しでも豊かにしていきたいと望むのであれば、それは家族の協力が不可欠になってきます。


そのことはやがて、無駄な買い物などを控える方向に向うようになっていき、その結果として一人ひとりの家族が賢くなっていき、それが自分たちの暮らしを豊かにしていくことに、繋がっていくように思うのです。

財布の紐はきつく締めてばかりいると、それがストレスとなって思わぬところで暴走することになります。


適度な締め具合と、家族を上手に教育していくことが、暮らしを豊かにしていくことなのだと思うのです。

















関連リンク

img-2
新聞を読む習慣をつける

受験勉強で、就職活動で、仕事で・・・大人になるにつれて新聞を読む必要性は次第に高くなっていきます。しかし、いきなり新聞読むことを習慣にするのは中々難しいものです。...

more
img-2
新聞記者に専門知識は要らないと言われるが

新聞記者という仕事は、記者各々が持つ専門的な知識を駆使して次々と入って来る報道を分析してそれを紙面化すると思っている人は多いと思われますが、それは間違いです。実際の新聞記者の仕事には専門知識を駆使することはありませんし、仮に専門知識があっても、それを韜晦してしまうのです。...

more
top